お客様と一緒につなぐ、「スマイルフォー東北 –フロム芦屋」の取り組みのひとつに、パティシエを夢見る若者への支援があります。2015年より今日まで「アンリ・シャルパンティエ奨学金」として、東北の製菓専門学校に入学する学生をサポートし続けてきました。そして今年も、皆様のおかげでしっかりと学びを得た若者たちが製菓の世界へと羽ばたくことができました。
これからもアンリ・シャルパンティエは、お客様と共に東北支援の取り組みを続け、お菓子が叶える「プラス1」の喜びや幸せを広げて参ります。

2022年2月3日、またひとつ
東北支援の取り組みが始まりました。

「スマイルフォー東北‐フロム芦屋」プロジェクトの11年目の支援として、この度、気仙沼リアス調理専門学校と「アンリ・シャルパンティエ奨学金制度」を締結いたしました。この奨学金制度を通して、将来パティシエを夢見ながらも東日本大震災で被災し、就学が困難な状況が見込まれる学生たちを支援し続けて参ります。

アンリ・シャルパンティエが
取り組み続ける理由

復興への想いをお菓子にのせて 長期的な支援で東北に笑顔を

被災経験から一時的な支援ではなく
末永く続けていける支援へ

2011年3月11日に起きた東日本大震災の当初の支援は、有志の企業と焼き菓子を送るシンプルなものでした。阪神淡路大震災の経験から得た街の復興のために必要な長期的な支援を実現するために2012年4月に「スマイルフォー東北-フロム芦屋」を立ち上げます。そこからさらに、アンリ・シャルパンティエだからこそできる支援の形を模索し、スマイルフォー東北と命名した特別仕様のお菓子を販売。お菓子の数をあえて1個減らした品をお客さまにご理解いただいたうえで正価でご購入いただき浮いた1個分の材料や、資材などの費用を募金金額としてお客さまからお預かりします。そして募金総額と同額を私たちからお出しして、復興支援団体の活動資金や、被災された学生の夢を応援する奨学金としてご活用いただける仕組みを考えました。

これにより「お菓子でもっと笑顔を届けたい」という私たちの想いが具体的な形になりました。取り組みを続け2年が経った頃、「もっと東北の方のお手伝いを」と考えた私たちは、東北の特産品を使用したお菓子を作り、全国で販売。おいしいフルーツを生産している東北の方々へ感謝の気持ちを伝える試みをはじめました。「ケーク・フロマージュ〈フレーズ〉」には、宮城県の「燦燦園(さんさんえん)」で獲れたいちごと蔵王酪農センター製造のクリームチーズも贅沢にブレンド。クリームチーズのまろやかなコクといちごのすっきりとした味わいがマッチした逸品です。さらに、青森県産のりんごを使ったジャムともブレンドし「ケーク・フロマージュ〈林檎〉」も販売開始。四季折々の東北の味を楽しんでいただけるよう商品を展開しています。ごのすっきりとした味わいがマッチした逸品です。さらに、青森県産のりんごを使ったジャムともブレンドし「ケーク・フロマージュ〈林檎〉」も販売開始。四季折々の東北の味を楽しんでいただけるよう商品を展開しています。

このプロジェクトには、東北・仙台で活動するデザイン会社・株式会社LUCK SHOWの代表監督である三浦了さんも「お菓子には笑顔を生み出す力と、笑顔が集まるひと時を作る力がある」と賛同。東北6県の自然や郷土品をモチーフにしたパッケージデザインも担当いただきました。デザインはリボンに見立てられ、芦屋からの想いが結ばれています。みなさまもぜひ手に取ってご賞味ください。
そしてこの取り組みは今も拡大を続けています。2015年には宮城調理製菓専門学校にて「アンリ・シャルパンティエ奨学金」を設立。インターンシップ制度や世界トップクラスのパティシエによる技術講習会なども開催し、パティシエを夢見る東北の若者たちを応援しています。それ以外にも地域の子どもたちに向けた「お菓子教室」の開催や、お菓子づくりに欠かせない生乳を製造している酪農家への支援、小・中学校の教育支援でも他企業と連携しながら進めています。

このように、震災直後の不安を和らげるような物資としてのお菓子の支援からはじまった私たちの支援活動も時間とともに変化してきました。今では、さらなる明るい未来を見据えた新しい価値を創造するような支援がメインになり、当初目標としていた「末永く続く支援で東北を笑顔に」が形になりつつあります。「アンリ・シャルパンティエ」はこれからもお客さまの想いを東北につなぎ、創業時から掲げてきた「お菓子で笑顔を届けたい」を実行し続けます。

MORE CLOSE

これまでご賛同いただいた
お客様のおかげで
2つの賞に
お選びいただけました。

ソーシャルプロダクツ・アワードとは

持続可能な社会の実現につながる優れた「ソーシャルプロダクツ」に光をあて、社会性と商品性の両面を評価する日本ではじめての表彰制度。今回「東日本大震災からの復興」につながるソーシャルプロダクツとして評価されました。

審査委員からの評価

阪神・淡路大震災で被害を受けた企業が自身の経験をもとに始めた東北支援である点に心を打たれた。自社の経営理念の実現に向けた取組の一つとして東北支援活動を位置付け実践している点は脱帽。非常にわかりやすく、購入した人はもちろん、贈答された側も、復興支援に協力的に出ていることが一眼でわかる秀逸なデザインと仕組み。実績が素晴らしく、継続して行なっているのが、評価できる。価格的にもリーズナブルであり、「お菓子を1個分減らし、そこに活動を明記する」という方法もユニーク。

人と企業の社会貢献を支援する
「公益社団法人日本
フィランソロピー協会」が主催する
「企業フィランソロピー大賞」にて、
私たちが地域の皆さま方と
取り組んできた東北支援の
取り組みが評価されました。

企業フィランソロピー大賞とは

社会の課題解決のために自社の経営資源(人材・ノウハウ・技術・情報など)を有機的・持続的に活用した社会貢献活動を顕彰するものです。SDGs達成が不可欠な課題となっている今日、そうした企業を広く社会に発信することにより、公正で温もりと活力ある社会を次世代に伝えることを目的として2003年に創設されたものです。

審査委員からの評価

「アンリ・シャルパンティエ」「C3(シーキューブ)」の洋菓子ブランドを展開する同社は、東日本大震災被災地の復興に末永く寄り添うことを目的に、2012年より特別仕様商品「Smile for TOHOKU -from ASHIYA-」を販売。お菓子を1個減らした詰め合わせを正価で販売し、1個分の材料・資材等の費用にあたる金額をお客様からの寄付として預かり、同社が同額をマッチングして現地のNPO等への寄付と奨学金による人材(未来のパティシエ)育成等に活用している。また、お菓子の材料は東北の素材を活用、パッケージデザインは東北の自然や郷土品をモチーフにしている。お菓子を通じて人々を笑顔にしたい、阪神淡路大震災時の恩返しをしたいという意思から生まれた斬新なアイディアで、支援の裾野を広げる取り組みを高く評価したい。

「スマイルフォー東北-フロム芦屋」
プロジェクトストーリー

フェーズ1通常支援期

震災直後、自社商品を東北の方々に届けることから始まりました。神戸の有志企業が集い、チャーターしたコンテナに焼菓子を詰め込みました。被災者の方々の空腹を少しでも満たし、笑顔にしたい、一心でした。このときにはすでに、最低でも10年はこの活動を続けようと決意していました。継続することこそが支えになるという信念を持っていたからです。

通常支援期

フェーズ2伴走型支援期

初めてスマイルフォー東北が商品化されました。定数よりも1個減らしたお菓子を正価でご購入いただき、寄付に回せる仕組みです。私たちとお客さまの力で、復興支援として生産設備に打撃を受けた食品メーカーへの生産機材の寄贈や東北の食材を東京のレストランに売り込むための営業費用の寄付も実施。被災者の自立を助けるための支援活動でした。

伴走型支援期

フェーズ3共創型支援期

次は被災地の方々に実際に商品づくりに参加していただき、支援者の一員として関わっていただくことになっていきます。商品パッケージを仙台市を拠点とする株式会社LUCK SHOWにて制作開始。また、使用する食材も東北各地の生産者にご協力いただき、コラボ商品を開発。被災者自らも被災地の支援活動にご参加いただく、より一歩踏み込んだフェーズに突入しました。

共創型支援期

フェーズ4新価値創造型支援期

ついに被災者の方々に私たちがサポートをいただくようになり、一つステージの上がったチャリティ活動にステップアップしました。現在では震災で打撃を被った製菓専門学校の学生の方々に奨学金を支給することがメイン活動になっています。また、嬉しいことに製菓専門学校を卒業した一部の奨学生が実際に当社へ入社してくれ、今では立派な戦力として生産現場で活躍してくれています。

新価値創造型支援期

活動詳細

  • アンリ・シャルパンティエ奨学金 アンリ・シャルパンティエ奨学金

    アンリ・シャルパンティエ奨学金

    DETAIL

    アンリ・シャルパンティエ奨学金

    パティシエを夢見る若者たちを応援したい、という想いからスタートした「アンリ・シャルパンティエ奨学金」。宮城調理製菓専門学校の上級製菓技術科へ入学する学生へサポートを行っています。創設に伴い調印式も執り行いました。2019年4月に初年度にサポートした学生が2名、2021年4月にはもう2名の計4名の奨学生がアンリ・シャルパンティエの仲間に加わってくれています。2022年2月には、新たに気仙沼リアス調理専門学校とも同奨学金制度を締結し、現在も継続的に活動を続けています。

    アンリ・シャルパンティエ奨学金

    パティシエを夢見る若者たちを応援したい、という想いからスタートした「アンリ・シャルパンティエ奨学金」。宮城調理製菓専門学校の上級製菓技術科へ入学する学生へサポートを行っています。2019年4月に初年度にサポートした学生が2名、2021年4月にはもう2名の計4名の奨学生がアンリ・シャルパンティエの仲間に加わってくれています。2022年2月には、新たに気仙沼リアス調理専門学校とも同奨学金制度を締結し、現在も継続的に活動を続けています。

  • トップパティシエによる技術講習会 トップパティシエによる技術講習会

    トップパティシエによる技術講習会

    DETAIL

    トップパティシエによる技術講習会

    私たちは次世代のパティシエの育成にも注力しており、技術講習会を開催しています。講師をつとめるのは世界で活躍するトップパティシエたち。今回はアンリ・シャルパンティエのテクニカルアドバイザーで、フランスのパティシエであるクリストフ・フェルデール氏でした。デモンストレーションを通じて、世界に通用する技術とパティシエに必要な感性を磨いてもらいました。

    トップパティシエによる技術講習会

    私たちは次世代のパティシエの育成にも注力しており、技術講習会を開催しています。講師をつとめるのは世界で活躍するトップパティシエたち。今回はアンリ・シャルパンティエのテクニカルアドバイザーで、フランスのパティシエであるクリストフ・フェルデール氏でした。デモンストレーションを通じて、世界に通用する技術とパティシエに必要な感性を磨いてもらいました。

  • インターンシップ制度の導入 インターンシップ制度の導入

    インターンシップ制度の導入

    DETAIL

    インターンシップ制度の導入

    2017年からインターンシップ制度が導入されました。毎年、パティシエを夢見る学生たちが集まりアンリ・シャルパンティエのケーキ製造現場を体験。安心・安全が徹底され、多くのお客様から愛され続けているお菓子づくりの第一線で技術面を学べるだけでなく、お菓子を通してお客さまに楽しんでいただく喜びにも触れることができ、好評を博しています。

    トップパティシエによる技術講習会

    2017年からインターンシップ制度が導入されました。毎年、パティシエを夢見る学生たちが集まりアンリ・シャルパンティエのケーキ製造現場を体験。安心・安全が徹底され、多くのお客様から愛され続けているお菓子づくりの第一線で技術面を学べるだけでなく、お菓子を通してお客さまに楽しんでいただく喜びにも触れることができ、好評を博しています。

10年目を記念した
SPECIAL MOVIE

「スマイルフォー東北-フロム芦屋」の活動を知り、
たくさんの人たちが東北の復興を願っているのだと実感できて、うれしく思っています。
将来は東北・宮城で私の作ったクレープ・シュゼットを広めていくのが目標です。

スマイルフォー東北 商品ラインアップ ケーク・フロマージュ・アソート〈フレーズ〉

  • ケーク・フロマージュ・アソート〈フレーズ〉

    7個入り

    税込¥1,296(本体価格 ¥1,200)

    フィナンシェ2個、マドレーヌ2個、
    ケーク・フロマージュ・アソート
    〈フレーズ〉3個

    DETAIL
  • ケーク・フロマージュ・アソート〈フレーズ〉

    14個入り

    税込¥2,376(本体価格 ¥2,200)

    フィナンシェ4個、マドレーヌ4個、
    ケーク・フロマージュ・アソート
    〈フレーズ〉6個

    DETAIL
  • ケーク・フロマージュ・アソート〈フレーズ〉

    21個入り

    税込¥3,456(本体価格 ¥3,200)

    フィナンシェ4個、マドレーヌ4個、
    ケーク・フロマージュ・アソート
    〈フレーズ〉13個

    DETAIL

お菓子1個分で
つながる、ひろがる、支援の輪

お菓子をあえて1個減らした品を、お客様にご了承いただいた上で正価にて販売し、その1個分の材料、資材等の費用にあたる金額を、ご購入のお客様からの募金としてお預かりいたします。
そして募金総額と同額をアンリ・シャルパンティエからもお出しして、復興支援団体の活動資金や、被災された学生の夢を応援する奨学金としてご活用いただきます。

※ 商品のラインアップ、内容および仕様は予告なく変更することがございますので予めご了承ください。